福原ソープランド虎の巻

兵庫県神戸市にある福原の歓楽街に関する森羅万象の虎の巻

福原のナイトライフを楽しもう

 日本には色々な風俗街がありますが、その中でも一度は楽しんでおくべきなのが神戸の福原です、ここは古い風俗街であり、明治時代にその遊郭としての起源を見ることが出来るのですが、今でも日本で最先端の風俗街で在り続けています。一体この福原のなにがそこまで魅力なのでしょうか。

 この福原は大変地域に密着した風俗街であり、地元の祭りの際には風俗街からも多くの人が出ます。そんな風俗街でありますから、近隣の女の娘にとってもこの福原で働くのはそんなに抵抗があるものでもなく、年頃の女の娘がバイトのような感じで働くことが多いのもこの風俗街の特徴でしょう。

そのために年齡が比較的高めであることが多いとされるソープに行っても若い子ばかりで、吉原や雄琴などの風俗で遊んで来た人には新鮮に感じるかもしれません。

こういった女の子たちを楽しむには何と言ってもソープが最高なのです。素人も圧倒的に多いこの風俗街では若い女の子の方が安いという値崩れ減少を起こしていることもあって、そういった意味でも大量の若い女の娘がいるソープはこの風俗街に言ったら絶対に楽しんでほしいものです。

格安店から高級店まで幅広く店舗が展開されていることも魅力で、シチュエーションやコスプレ、また花びら回転などヘルスのような遊び方が手軽にできます。

福原ソープ街の性的マイノリティが行く店特集

「ソープランド」というと、どの店に行っても同じようなサービススタイルが提供されているイメージがあります。
しかし福原ソープ街では、一部の人にしか愛好されないようなフェチでマニアックな専門ソープがたくさんあるのです。
マニアックな性癖は、一般社会で発散することが難しく、また男性同士でも理解者がおらず孤独になります。
そんな孤独な性的マイノリティがこっそりと溜まりに溜まった性欲を発散できる福原のソープ店を紹介します。

●SMが趣味の性的マイノリティが行く店
「SM」は、性的マイノリティの代表格です。
しかし、世界的に愛好者が多いにも関わらず、気軽に口にすることができない性的嗜好です。
福原には「KOBE R&B」と「M-Dolls」という2店舗がSMジャンルでは有名です。

実はこの2つの店舗は系列店であり、SMに関してはエキスパートだと言えます。
これまでソープランドとSMが融合した店というのはほとんど存在せず、大型のソープ街でも1店も営業していないことが普通でした。
なので、福原のこの2店舗は非常に希少な存在だと言えるでしょう。

●痴漢が趣味の性的マイノリティが行く店
「痴漢」は犯罪にもつながる性癖で、また依存症的な性的マイノリティです。
痴漢の性癖こそ、普段からガス抜きをしなくてはならないものであり、福原にはそれに対応できる店舗がいくつかあります。

一つは、会社のオフィスに近いサービスルームで痴漢行為ができる「神戸OLコレクション」や「社長と秘書」のようなイメクラ系です。
そしてロリコンの傾向が強い痴漢マニアには「ていくぷらいど学園」や「聖スムーチ学園」のような女子校系のソープランドがおすすめです。
これらの店舗はコスチュームに力を入れていて、痴漢マニアの琴線を激しく刺激してくれます。

●太った女性が趣味の性的マイノリティが行く店
ソープランドを含む風俗業界で、「コンパニオンが太っている」ということは、店のマイナスイメージでしかありませんでした。

しかし、どういうことか、最近では太った女性でしか興奮しない男性が急増しているというのです。
実際にソープランドで「デブ専」のコンセプトを掲げる店は、全国的にも見つけることができませんが、福原にはちゃんと存在して営業しているのです。

「ぽちゃぽちゃイケてる」という店名からしてそうと分かるソープ店で、ふくよかなコンパニオンに限定して在籍しています。
これまで受付でどれだけリクエストしても叶えられなかった性癖が、この店に行けば多くのコンパニオンの中から自分の趣味に合ったぽっちゃりさんを指名することができるのです。

ただし、ぽっちゃりの専門ソープは日本でここだけです。
全国から客が押し寄せているという噂もあり、どの子も早い時間で受付終了となるので、事前予約は必須になります。

●まとめ
性欲の発散にリスクが伴うことも少なくない性的マイノリティは、間違いを犯す前に福原ソープ街に行きましょう。
多少料金を支払っても、自分の人生を破壊するよりは、はるかに失うものが少ないはずです。

Previous Posts

Copyright© 2015 福原ソープランド虎の巻 All Rights Reserved.