福原ソープランド虎の巻

兵庫県神戸市にある福原の歓楽街に関する森羅万象の虎の巻

福原のナイトライフを楽しもう

 日本には色々な風俗街がありますが、その中でも一度は楽しんでおくべきなのが神戸の福原です、ここは古い風俗街であり、明治時代にその遊郭としての起源を見ることが出来るのですが、今でも日本で最先端の風俗街で在り続けています。一体この福原のなにがそこまで魅力なのでしょうか。

 この福原は大変地域に密着した風俗街であり、地元の祭りの際には風俗街からも多くの人が出ます。そんな風俗街でありますから、近隣の女の娘にとってもこの福原で働くのはそんなに抵抗があるものでもなく、年頃の女の娘がバイトのような感じで働くことが多いのもこの風俗街の特徴でしょう。

そのために年齡が比較的高めであることが多いとされるソープに行っても若い子ばかりで、吉原や雄琴などの風俗で遊んで来た人には新鮮に感じるかもしれません。

こういった女の子たちを楽しむには何と言ってもソープが最高なのです。素人も圧倒的に多いこの風俗街では若い女の子の方が安いという値崩れ減少を起こしていることもあって、そういった意味でも大量の若い女の娘がいるソープはこの風俗街に言ったら絶対に楽しんでほしいものです。

格安店から高級店まで幅広く店舗が展開されていることも魅力で、シチュエーションやコスプレ、また花びら回転などヘルスのような遊び方が手軽にできます。

嘘か本当か福原に伝わる2つの都市伝説

昔からオカルトというのはエンタメの一つとして広く愛されていて、老若男女問わずオカルト話に興味があるという方は少なくありません。
最近人気なのは某テレビ番組の影響もあってか都市伝説というもので、嘘か真か断定できない噂話です。
そんな都市伝説は各地に存在していて、福原ソープ街にもそういった都市伝説がいくつかあったりするのです。

◆ 福原にまことしやかに伝わる都市伝説

・都市伝説1 ~福原NS・NN店がたくさんある~

昔からソープランドの高級店独自のサービスとして行われていたのが、コンドームを使わない生でのサービス。
格安店などではS着で、高級店がNS・NN、こうした認識をしている男性は多いでしょう。
そして、福原では格安店でもNS・NNでサービスをしている所が多いと言われているわけです。

さて、この都市伝説、嘘か真かと言われれば事実に近いと言っても間違いではありません。
実際に福原ソープではNSサービスをしているお店は多く、基本はS着ではあるものの、大衆・高級コースに分かれているお店の高級コースというのはNSだったりします。
完全NS店なども含めると約20店舗近くがNSで遊べるということですから、あながち嘘ではないわけです。

・都市伝説2 ~福原ソープ嬢は口説きやすい~

ソープ嬢を口説いてプライベートで遊びたいと思う男性は結構多く、口説かれて店外デートなどに誘われることは珍しくないようです。
そんな店外デートに誘いやすいのが福原のソープ嬢と言われていて、その理由なども尤もらしいことが考察されており、業界でもなかなか有名な話となっているようです。

この都市伝説についてはいつから言われていたのかは定かではありませんが、少なくともそういった時期があったのは確かです。
そもそも、昭和の頃はまだ「風俗とは言え仕事は仕事」と割り切っているプロ意識が高い人も多く、口説かれても断る人がほとんどでした。
しかし、元々大阪からほど近いということで福原で働く女性も関西系のノリの良い女性が多く、平成中頃になって昨今流行の素人系恋人接客などが登場し意識が変わってくると、口説かれる方も増えていったようです。
令和の時代になった昨今ではネットの普及で価値観もまた変化しつつあることもあって、昔とは違った理由で口説くのは難しくなっているようで、不可能とは言わないまでも誰でも簡単にということは無いようです。

今回はこちらの2つを紹介しましたが、他にも怪談系の都市伝説というのもあるようです。
興味がある方はぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

Previous Posts

Copyright© 2015 福原ソープランド虎の巻 All Rights Reserved.